自転車の危険性

最近は、交通事故の中に自転車の名前を聞く機会が増えました。
以前は規制が少なかった自転車ですが、最近では危険な乗り物としてクローズアップされています。


基本的にだれでも乗ることができ、免許制度もない自転車ですが、これに絡む交通事故が急増しています。
それも死亡事故等も多くなっているのが現状です。
それに伴い、国としても様々な法律を制定しています。


自動車等を運転していて交通事故を起こした場合、賠償責任などが生じることはとても多いです。
それは交通事故の内容が悲惨だからというわけではなく、事故を起こしたときには当然の義務だからです。


自転車による交通事故においても、最近はこのようなケースが多くなっていています。
死亡事故ばかりではなく、出会い頭の事故などでも書類送検の処分になってしまうこともあります。
当然、身の負担も大きいことながら、経済的な負担も大きくなってしまいます。


実際に自転車の交通事故は増加傾向にありますし、中でも死亡事故はとても多くなっています。
刑事罰などがなかったときには、当事者などの話し合いから、損害賠償等の請求までもすることになりますが、現在は警察が間に入ることで、罪の大きさなどもハッキリしたといえるでしょう。


とはいえ、自転車には、自動車損害賠償保障、自動車損害賠償責任などのようなものがないことから、このような法整備も必要なのか、いよいよそんなことが議論されるような乗り物になってきました。


■厳選リンク
自転車でも自動車でも交通事故を起こしてしまった際に弁護士に相談出来るサイトです=> 交通事故 弁護士

Copyright © 2014 自転車の交通事故 All Rights Reserved.